FC2ブログ

趣味友 “葉月さん” から学ぶ感性

昨年末にメーカーから長期間の修理からあがって来たデジイチをやはり手にすると、やはり気になるのがこの明るい望遠レンズ

ずっと気になるこのレンズ

趣味友でもあるカメラマンの皆からよく言われるのが
「 難しいカメラ持ってるねぇ~ 設定間違うと安いカメラの仕上がりにもなるし、設定が合うと抜群の世界が撮れるし、頑張って!!」
ハイ!応援頂くしかないハイアマのデジイチですから、腕を磨くしかありませが
もっと磨かなければならないのがモノを捉える感性
これだけは生まれ持った感性がありますし、感性は独自の世界ですので基本がありません。

そこで偶然今年の春 高岡古城公園の夜桜撮影に何十年ぶりに
ビジネス帰りに立ち寄った時に出会った 女性カメラマン 葉月さん

真っ暗な中でスポットも浴びてない池に映る構図の1本の 桜を
かなり低い三脚設定で、橋の欄干の間からレンズを向けて撮ってらっしゃる姿を見て
かなりレベル高い写真を彼女からは期待出来そうだなぁ~と思いながら、その時は撮影設定について質問して
またお互いが離れてそれぞれの夜桜撮影を楽しんでたら今度は
『 またお会いしましたねぇ~ 』
と今度は逆に、私に声を掛けて下さったのが最初のきっかけ。

その時に応援してる県内のアーティストを紹介をして アルバムをプレゼントしたのが初めての夜でした。


そんな出会いから 葉月さんの撮った感性豊かな写真 を拝見させて頂いてから、欲しくて気になってたレンズの事を忘れるきっかけにもなり、レンズより感性磨こうと思いましたねぇ~

さてお互い共有する時間があれば、ご一緒に夜景撮影をしている最近ですが
趣味友の男性カメラマンの皆さんにも、自分の知人だと言う形で 葉月さん を紹介出来るので、単独撮影される時も顔見知りになれば、会話が出来る環境作りではイイのかもと思ってますし、それはそれで安心、安全を伝えた分、素敵な写真がさらに撮れるならとも思います。

さてその 葉月さん の簡単な紹介ですが、先ず最初に出掛けたのが最近の BLOG UP した

趣味友 (1)

そしてそのスタイルはやはりカメラ好きともあって、自分の世界を持ってらっしゃるので、失礼ながら全く手の掛からない女性で、自分も撮影に集中出来るのが逆にありがたいです。
2台持って行った中の1台のデジイチを自分が片付けしてしてる時にふと後ろ姿を見たらアングルが良かったので撮りましたが、撮ってからちゃんとご本人に伝えるってこれ、イレギュラーなのか難しい

趣味友 (2)

趣味友 (3)

そんな撮影場所を変えながら、その夜に観えた綺麗な星空を撮りたいと話され、真っ暗な山奥やライトアップが終わった時間でも自由に撮って頂いた写真を今回、ご本人 葉月さん の許可を得ましたので、2枚のみ紹介致します

星の瞬き (1)

星の瞬き (2)

同じ撮影場所で近くに居ながら、モノを捉える感性が異なるとこう違うものだと。
ちなみにレンズの愛用本数も自分より多いですし、設定アレンジが光ってると思ってますので
本で学ぶより現地で学んだ方が一番分かり易いし、自分の腕のレベルも分かりますねぇ~
しかしあの夜に見えた星空は綺麗でしたが、そこに目を向けてない自分の感性

女性ならではの感性ではなく カメラマン・葉月さん ならではの世界
自分あの夜、撮影させてあげたい思いで案内してたばかりで、ホントに何を観てたんだろうと
その日の BLOG を見て、反省より気付きましたねぇ~
【今年の水田逆さ合掌ライトアップ撮影は】

行動をしてると沢山の出会いがありますが
今年の春の夜桜撮影の出会いはそれぞれに大きいなぁ~



で、今日日曜日の夕方からの出会いは
華ちゃん こと 奥 華子さん
今日はカメラではなく、アーティストから学ぶ世界感を勉強したく、色気あるのか無いのか分からないけど、男野郎4人で参戦します。
参戦チャンスを頂いた高岡市の○○○ちゃん、ありがとう


奥 華子さんから学ぶ日

学べる環境、学ぶ気持ち、全て行動力次第ですから時間が許される限り自分は行動したいと思ってます。
あとこの行動、家族の理解も得てる環境ですので感謝したいです。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment