FC2ブログ

富山初「キモノでジャック in 城端」 ~城端しだれ桜まつり編

注) 今日のBLOGは、4/20(土) 05:05 55"のカキコの為、 右上の時間が 「23:58:59」 表示となります!

越中の小京都 『城端 (じょうはな)』 に、桜の春が訪れました 桜動画

越中城端の古刹、城端別院・善徳寺には貴重と言われる、樹齢360年余年になる “ しだれ桜 (糸桜) ” があります。
このしだれ桜が咲く期間のみ、実は 開かずの門である 「式台門」 と言う格式ある門が、ナント!! 一般開門されます。
またこの城端にはいくつもの桜の名木があり見事な花を咲かせ、桜を楽しめる町として遠方の都道府県より見えられる様になりました。
特に、“ 向野の江戸彼岸桜 ” は、 1本桜の写真集を飾った桜となり、写真愛好家には特別な桜として何泊もして、撮って行かれる方も増えてまいりました。

この 「城端しだれ桜まつり」 の期間中は、下記様々な催しものが開催されます。
恋する城端 まち巡り食べ歩きツアー
ファスナーで作る キラキラブローチ 教室
古布の組紐で作る ブローチ 教室
春のスイーツ バイキング
着物でアコースティックライブ
善徳寺 書画展
春満喫!となみ野桜めぐり
恋咲く桜並木
恋する城端 姫物語

・・・etc.

そして今年は 城端伝統の “ 手織りの絹のれん” が市街地が彩られました。


今回のレポートは、「城端しだれ桜まつり」 のメイン開催日 4/16(土)、17(日) の中の
17日(日)は ☆富山初☆ 「キモノでジャック in 城端」 でしたので、 好天に恵まれたこの日曜日をレポートしてきました♪


◆しだれ桜の由縁
城端別院のしだれ桜は慶安年間 (1648~1652 年) に
当時の住職が手植えしたとの記録がある樹齢360余年の老樹です。
京都の圓山公園から移植した枝垂桜とか ・・・。
(当時の古文書『越州岡崎御 坊善徳寺真調記』の文中には、
『珍花にして枝手届き にして八方へ垂れ花の色少し赤くタオヤカなる事 ・・・」 と記されているそうです。

◆開かずの門・式台門
式台門は開かずの門とされ、皇室や大谷家・本山 より見えた場合のみ、開門される特別な門です。
別名、 勅使門とも言われ菊のご紋を戴いている他、建造物としての造り・装飾など大変に立派な門です。

過去のBLOGの中で、これだけのフォトを貼り付けた例のない貴重なUPとなりましたが、観光イベント企画室でもないながら、紙芝居形式で貼り付けた35枚をご覧下さい

城端しだれ桜まつり (1)

城端しだれ桜まつり (2)

城端しだれ桜まつり (3)

城端しだれ桜まつり (4)

城端しだれ桜まつり (5)

城端しだれ桜まつり (6)

城端しだれ桜まつり (7)

城端しだれ桜まつり (8)

城端しだれ桜まつり (9)

城端しだれ桜まつり (10)

城端しだれ桜まつり (11)

城端しだれ桜まつり (12)

城端しだれ桜まつり (13)

城端しだれ桜まつり (14)

城端しだれ桜まつり (15)

城端しだれ桜まつり (16)

城端しだれ桜まつり (17)

城端しだれ桜まつり (18)

城端しだれ桜まつり (19)

城端しだれ桜まつり (20)

城端しだれ桜まつり (21)

城端しだれ桜まつり (22)

城端しだれ桜まつり (23)

城端しだれ桜まつり (24)

城端しだれ桜まつり (25)

城端しだれ桜まつり (26)

詳細は My BLOG 左欄に 【林道美有紀のおうち】 がリンクしてありますので クイックして頂ければ分かりま~す★

ケータイからのアクセスはこちらをクイック 林道美有紀のおうち


城端しだれ桜まつり (27)

城端しだれ桜まつり (28)

城端しだれ桜まつり (29)

城端しだれ桜まつり (30)

城端しだれ桜まつり (31)

城端しだれ桜まつり (32)

城端しだれ桜まつり (33)

城端しだれ桜まつり (34)

城端しだれ桜まつり (35)

当日お越しに頂けた方々が、今日の模様をこの様に

楽しまれた 参考BLOG めがね日記

楽しまれた 参考BLOG JunYana

楽しまれた 参考BLOG 藪林の部屋



私のBLOGの登録サイトは、全部で下記となります。
どのサイトでもイイので、一箇所でもポチッと
押して頂けると
LOVE 注入

ウッフン アッハン
     ポチっとクリックして頂けると幸いです
《《《FC2 BLOG RANKING》》》

ポチッと押してくだんなせぇ~ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

ポチッと押してくだんなせぇ~

ポチッとクリックして頂けると幸いです とれまが 人気ランキング

ポチッとクリックして頂けると幸いです ブログ王 ランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment