FC2ブログ

スパモニ紹介 高級ブランド 「氷見寒ブリ」

注) 今日のBLOGは、1/20(木) 1:51 37"のカキコの為、 右上の時間が 「23:59:59」 表示となります!


今が旬の寒ブリ
なかでも極上なのが 富山県氷見 (ヒミ) 沖で獲れる氷見寒ブリ は有名


このブランドに2010年の年末、東京・築地市場に入荷した氷見寒ブリの一部に、産地偽装の疑いがある魚が含まれていたと言うNEWSが報道されました。

氷見寒ブリとは、富山湾の氷見沖で回遊しているところを定置網で捕獲されたものですが、うちの親父も前から話してましたが、全く異なる沖で獲れたブリを氷見産として販売されてるのをある場所で見た事があるので、注意した話しは聞いてた。

1/19(水)の今朝 チャンネルで見た 「スパモニ (日本テレビ:スーパーモーニング) 」 が紹介してたのは、沖じめ と言う技術。
定置網で獲れたブリは船の生簀に入れる。海水が入った生簀に微妙な割合で砕いた氷を入れ、零度近くのシャーベット状にしておくと、投げ込まれたブリは瞬時に仮死状態になり、うま味が凝縮される。


氷見寒ブリ (1)

『氷見のブリは、口に入れた時の甘みが特徴。何回食べてもくどくない。これが天然のブリの脂の乗り具合だ!」
「獲れたてのブリは、生まれたてのあかちゃんを抱っこしたときのようにホチャホチャした感覚」
地元・氷見の市場で働く人たちは口をそろえて味自慢する。


氷見寒ブリ (2)

氷見寒ブリ (3)

氷見寒ブリ (4)

この氷見ブランドが秋までに 「ひみ寒ブリ」 と言う名称で地域団体商標登録される

氷見寒ブリ (5)

若一 光司 (作家) は、
『これだけ有名なのに、今までやってこなかったのは意外ですねぇ!』 と。

そしてスタジオには、1匹2万円以上する氷見寒ブリが登場
コメンテーターに刺身が配られ、鳥越 俊太郎 (ジャーナリスト) が、
『脂がのってこれは美味い』と舌つづみしてました。

富山県民の自分さえ 氷見寒ブリを口にする事は非常に少ない高級素材でもあり、これは氷見市民さえ口に出す話しである。
何か朝からこう言う話題を見ちゃうと 氷見寒ブリ食べたいと思いながら今日は早朝から黒部市入り



今日は凄~く寒ブリ食べたいところでしたが、ビジネス中の昼食には贅沢過ぎるし、それに似合ったビジネスしてねぇ~し

富山県宇奈月町で昼食しようかと立ち寄ったが、相棒が他のメニューを食べたいと言いまして
個人的には、オシャレな丼ぶりを凄く食べてみたいと思ってたので、個人的に必ず食べに来ます

道の駅 うなづき

北陸新幹線の工事現場が目の前にある広域スーパー農道沿いで、工事現場の作業者が沢山来ており、又、トラック運転手も沢山入るお店でして、前からどうしても気になって入ってみたかった富山県魚津市のこのお店で昼食を

初のお店

私のBLOGの登録サイトは、全部で下記となります。
どこのサイトでもイイので、一箇所でもポチッと
押して下さると
Happy

ウッフン アッハン
     ポチっとクリックして下されば幸いです
《《《FC2 BLOG RANKING》》》

ポチッと押してくだんなせぇ~ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

ポチッと押してくだんなせぇ~

ポチッと押してくだんなせぇ~

ポチッとクリックして頂けると幸いです とれまが 人気ランキング

ポチッとクリックして頂けると幸いです ブログ王 ランキング
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment