FC2ブログ

“ 富山の薬 ” が有名になったのは ・・・

注) 今日のBLOGは、12/21(火) 2:33 05"のカキコの為、 右上の時間が 「23:59:59」 表示となります!


私が住む富山県で薬が作られるようになったのは。奈良時代の頃からだそうです。
実は、黒部・立山などの深山幽谷には良質の薬草が自生し、熊や鹿なども多く生息していた事から、都から薬の専門家たちが富山県に移り住み、反魂丹、六神丸、熊胆円などの名薬が作られました。
富山が薬イメージで一躍有名にしたのは、富山藩二代藩主・前田正甫公だそうですよ。この前田正甫公が江戸城に勤めていた時、三春藩の殿様が急な腹痛に襲われ、持っていた反魂胆を飲ませたところたちまち腹痛が治まったことから、諸藩がこぞって富山の薬を欲しがり、薬売りに関所通行自由の許可を出す様になったとの事。これは県民の自分すら知りませんでした。
この事から、富山の薬売りが日本全国に広まり、現在でも 「配置薬業」 として、約300年の時代を超えても “ 富山の薬 ”は根強い支持を得る様になりました。
と言う訳で今回購入の目薬は、地元・富山産


富山産

そうそう19日(日)は、協力会社5社と共に から まで一日中、 の外でビジネスしてた自分。12月らしくないポカポカ陽気の日曜日でしたが、もう頑張り過ぎてのお疲れモードで今日月曜日は、肉体を元に戻そうと頭を真っ白にして充電中でーす。

そんな日曜日、協力会社とお客様と話題になったのが 立山連峰 でした。
話題にフッタのは自分でしたが、盛り上がるのは皆、立山がダイナミックな山であり、季節を通じて綺麗だと言う思いが皆、一致したから♪

快晴富山

私の ケータイ (1,210万画素) で撮影 ・・・ 最近の機種は綺麗に撮れますねぇ

ケータイ

私の デジイチ (800万画素)で撮影 ・・・ 紫外線カットフィルター使用

デジイチ

ホントにお疲れモードで入浴は、の~んびり白昼問わず近くの温泉でくつろぎました

CD持ってながら、 あがりに敢えて ダウンロードして聴いてた曲はこの時期定番の



そうそう昨日日曜日の 林道 美有紀 ちゃん のライブもこの時期 ピッタリの真っ赤な衣装 歌ってたのを家族から聞き、ビジネスギッシリで観れなかった自分にはガッカリでした(泣)
あれだけ両親にコンデジで撮影してきて欲しいと頼んだのに、歌に夢中になってたらしく撮影してないとは
撮影してくる事を励みに、日曜ビジネスをフルに頑張ってたのにショッキング★
まぁ~ 歌姫 美有紀ちゃん の歌に酔って忘れてた気持ちも理解できますが ・・・ 。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment