FC2ブログ

富山県内の新幹線駅デザインで参考にして欲しい

さてお客様を駅まで見送りする時、お客様が米原方面へ電車で向かわれる時に考えるのが、どの駅へお送りするかだ。
今日の様に富山県南砺市福野が業務終了で、お客様を駅までお送りする場合、実は駅までの距離が近いという点、又、帰宅する上でも時間が早い点、お客様がゆっくり駅で食事や買い物が出来る点を考慮すると、お送りする駅は・・・富山駅でも、高岡駅でもなく、金沢駅 となってしまう自分。

何て県民だ!! と思う方もいらっしゃいますが、実は富山県にビジネスにいらっしゃったお客様が、帰りは石川県金沢市を観る事が出来た場合、お得感を感じられる様子で喜ばれてるのが本音。
距離と時間が近くて早いのなら、南砺市福野から金沢駅へ向かってしまうのが自分流。

お客様がJR電車に乗車されるまでの時間も余裕が出来て、会話が弾み易いし、県外まで見送って頂いた感覚がお客様にはある様子で今までとても感謝される。やはり別れ際の対応もとても大事だ。

ビジネスで成功の秘訣もあるかもねッ

そんな今日のお客様の見送りもやはり、金沢駅

金沢駅に到着するとお客様が駅入口でよく写真撮影される場所がここ

金沢駅 (1)

 金沢駅 (2)

この文字の変化を撮影で楽しむ市民も多いです♪

 金沢駅 (3)

金沢駅 (4)

金沢駅 (5)

思い出の記念撮影と、その駅造りのコリに目をやられてキョロキョロとされてなかなか駅内に真っ直ぐ入られない 。
実はこの姿が見られると私の役目が無事、終わったと思いほっとする

金沢駅 (6)

金沢駅 (7)

金沢駅 (8)

金沢駅 (9)

観光客やビジネス相手に県内PRする上で “ 駅造り ” は重要なキーワードを握ってると自分は思ってる。だから富山県内のこれから建設する新幹線の駅デザインには特に参考にして欲しい身近な駅の一つであります。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment