FC2ブログ

“万葉線” で驚きの再会

注) 今夜のBLOGカキコは、24:00~2:30の時間帯のカキコの為、 右上の時間が 「23:59:59」 表示となります!


夕方、ビジネス真っ最中で氷見市へ移動中の高岡市内で・・・世の中を生きてたら、不思議な事ってあるんですよねぇ~

万葉線 (1)

万葉線 (2)

そんな “ 万葉線 ” が信号待ちで停車してる時、今日に限って乗車客ってどんな方が乗ってるんだろうとふと思って眺めてたら、2台目の “ 万葉線 ” で世紀の驚きが

万葉線 (3)

マジかよ!!! と思って、下車された停留所で再確認・・・ストーカー並みですなぁ~
こんな身近な場所で以前お世話になった企業の方と再会出来る驚きと喜びは歓喜に溢れてました

私もビジネス中、お客様もビジネス出張中ともあり、又、今晩、広島県尾道にお帰りになられると聞いて帰るJR高岡駅 出発の時刻を聞いて、この場は再会の喜びの会話だけで別れました。


で、お互いが無事ビジネスを終了した 夜の高岡駅で、しかもJR電車 出発まで45分しかない中での再会を自分からの当時のお礼にと

高岡大仏 (1)

高岡大仏 (2)

高岡大仏でしたぁ~

高岡大仏 (3)

高岡大仏 は、高岡銅器の職人の技術の結晶と言えるもので、高岡市の象徴的な観光地となっており、高岡市指定有形文化財に指定されています。

高岡大仏は、奈良の大仏(奈良県奈良市、東大寺)、鎌倉大仏(神奈川県鎌倉市、高徳院)に次ぎ、日本三大大仏に挙げられることもある。
日本三大大仏の3番目には、岐阜大仏(岐阜県岐阜市、正法寺)、兵庫大仏(兵庫県神戸市兵庫区、能福寺)、東京大仏(東京都板橋区、乗蓮寺)、牛久大仏(茨城県牛久市、牛久浄苑)などを入れる意見もありますが現在、日本三大大仏を自称しているのは、高岡大仏と岐阜大仏の2尊であるそうです。

又、小杉大仏(射水市小杉町・蓮王寺)、庄川大仏(砺波市庄川町・光照寺)と共に、富山三大大仏(越中三大大仏)に数えられてるそうです。

そして 1933年、歌人の与謝野晶子が高岡を訪れた際に、高岡大仏を 「鎌倉大仏より一段と美男」 と評したとも伝わり、“ 端正な顔立ちの大仏 ” とも言われてます★

高岡大仏 (4)

今日再会出来た二人の笑顔は

高岡大仏 (5)

2日前の 11/2(火)の参拝は、“ 伊勢の神宮 (外宮) ” ともあり、参拝を重んじる年齢と性格に自分がなったのかもしれません

高岡大仏 (6)

次回の再会はいつになるか、いや、もう一生無いかは分かりませんが、出会いは大切にして行きたいし、時間は有効に活用したい性格なので、 私なりの BLOG のタイトルどおりです 

高岡大仏 (7)

短い45分間を高岡市内で楽しく過ごした時間もお別れとなりました。お元気で
別れた後に懐かしいなぁ~と思って誘惑されたお店が

高岡大仏 (8)

そう言えば最近、友人から、『今、富山駅で○○を見ましたが、居ました?』 ってメール有りましたが、そっくり顔って世の中に3人でしたっけ 居るそうですよ!
ちなみにありふれた顔の持ち主の私ですから、もっと多くのそっくりさんが居るかも
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment