FC2ブログ

伊勢の神宮(外宮)参拝

古くから 「神宮」 と言えば、伊勢の神宮 をさします。それは最も尊いお宮だからだそうです。

そんな伊勢の神宮に今朝7時に 自宅を 出発し、東海北陸自動車道を利用し大宮JC通過にて、ナント!! 午前11時に到着★
出発してすぐ休憩した場所がここ

ひるがの高原SA (1)

ひるがの高原SA (2)

4時間で、富山県南砺市 → 三重県伊勢市 にクルマで移動出来る時代はやっぱり便利☆

伊勢神宮には、太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮が存在し、一般に「皇大神宮を内宮 (ないくう )」、「豊受大神宮を外宮 (げくう)」 と呼びます。

内宮と外宮は伊勢ICから降りた交差点で右折が内宮、左折が外宮でそれぞれが近いながら離れた場所にある為、観光ルートの場合は時間の都合上、内宮のみ参拝する事もあるそうですが、本来はまず外宮を参拝してから、内宮に参拝するのが正しい方法とされているそうです

そんな正しい方法を知らず 「外宮」 から参拝要望した自分は凄い (笑)

元来皇室の氏神であることから皇室・朝廷の権威と強い結びつきがある神宮で、。広義には、14所の別宮(べつぐう)、109所の摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社から成り立ってるそうです。この全ての社宮を 「神宮」 と総称するそうです。

実は ビジネス出張ながら2時間半前に伊勢市入り出来たので、自分の要望で参拝が決行

伊勢の神宮(外宮) 3

伊勢の神宮(外宮) 4

豊受大神宮が見えてきました。豊受大御神は天照大御神のおめしあがりになる食物の守護神であり私たちの生活をささえる一切の産業をお守り下さる神様です

伊勢の神宮(外宮) 1

伊勢の神宮(外宮) 5

伊勢の神宮(外宮) 6

伊勢の神宮(外宮) 7

別宮がとにかく沢山ありますので、お賽銭も十分に準備してた方が良いと思いました。

伊勢の神宮(外宮) 8

伊勢の神宮(外宮) 9

深い森林の中の階段を上ってきたら見えた別宮は

伊勢の神宮(外宮) 10

階段を下りて撮影ポイントを探して
カメラポイントって不思議なもので、こだわってそのポイントで撮ってると皆、その場所から撮り始めるんですよねぇ~ この場所も私の撮った後、そうなりました

伊勢の神宮(外宮) 11

伊勢の神宮(外宮) 12

とにかく有名な神宮である事を肌で実感し、イイ時間をビジネス前に過ごせました♪
『来て良かったよなぁ~』 と誘った自分は自慢げに 家族へ御守を買った場所です

伊勢の神宮(外宮) 2

伊勢の神宮参拝の巻

徒歩50分でさすがお腹が空いたので、ご当地お土産話しで

伊勢うどん定食

次回は、皇大神宮の内宮を参拝したいと思います
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment