FC2ブログ

Nakamichi DRAGON の音を聴けるなんて・・・LOVE アナログ♪

あるリサイクルショップで、超珍しい商品が展示されてたのが、【添付画像】の Nakamichi DRAGON
発売が1982年、定価26万円のカセットデッキだが、その音って聴いた事あります?
そりャ、ないって答える人が殆どでしょう。その動作して聴けるサイトを発見してプチ感動
それが次のサイトなので、見て聴いてみたいと思ったら、プチッとクリックしてみて下さい 【聴ける♪ Nakamichi DORAGONN サイト】

Nakamichi DRAGON

ホントに欲しかったカセットデッキでしたが発売当時の定価が26万円なので手が出ませんでしたが、28年経った今でも 188,000円で完動品(自分的には感動品かも)として店頭に並ぶのだから、この価値が分かる人には納得価格でしょうねぇ~。

デジタル音のCDがこの世の中に発売された時、ショックでした・・・何故って、奥域が無いへらべったい音でカセットテープ特有のヒスノイズは無いものの、これはオーディオファンには受け入れられる音ではなかったから!
あの当時はバブル全盛期で、次々と高級オーディオが発売され、カセットデッキは完成域に達してまして、音にはもう満足してましたから。ダイナミックレンジを殆ど変えずに、ヒスノイズを消す技術が各社から次々と出てましたので、音はマジ!!良かったです

だから名機(名器が正解なのか?)の Nakamichi DRAGON は今でも欲しい1台です。でも188,000円は  が出ません

室内オーディオは趣味でもありましたが、このお店で発見した時の驚きと感動は、初恋の女性にバッタリ遇った感じと似てるでしょうねぇ~。

そうそう、このお正月に数台所有しているVHSカセットデッキの中の1台に不具合が発生しました。久々に作動させたからでしょか? 懐かしいビデオを観ようと思ったのですが・・・テープをくわえたまま電源が入らなくなりました

その所有しているVHSカセットデッキも名機の中の1台であり、下記 【添付画像】の Victor HR-Ⅹ1 Limited です。シャンパンゴールドのボディのサイドにはウッド調パネル。テープ挿入口はオープンドア。バブル時代を象徴するデザインとギッシリとした電装内部でした。

Victor HR-Ⅹ1 Limited

他、S-VHS、D-VHS、DVD&DVD-ROM、HDDレコーダーを所有してますが、まだブルーレイを導入しないのは、その時代時代の画質ではTOPクラスの機器を導入している自分には、まだ原点であるアナログの素晴らしさを愛してるからかもしれません
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment