FC2ブログ

一眼レフ初の、ホタル撮影は大失敗

注) 今夜のBLOGカキコは、24:00~2:00の時間帯のカキコの為、 右上の時間が 「23:59:59」 表示となります!

夕方、一時的などしゃ降りが嘘のように晴れ上がった夜。休日勤務の帰宅路に寄り道してチャレンジしたのが撮影が難しい 乱舞するホタルの撮影

撮影結果は・・・大失敗
周りで撮影してたカメラマンが、私がまだ1枚も撮ってないスタンバイ中から同じ質問ばかり受けて・・・
『何度撮ってもホタルが撮れず、真っ暗な写真ばかり撮れるんですけど、どう設定したらイイのですか
おいおい俺は乱舞するホタル撮影は、今晩初めてだぜ!!

しかし皆、高価なカメラ愛用して羨ましいですが、撮れる腕を持ってないと宝のもちぐさ・・・。
ホタル撮影は、ホントに難しいの知ってます

やはり撮るカメラですが、ホタルの光は非常に弱いので、これを写真として写すには、「明るいレンズ」、「長時間露光」、「高感度撮影で低ノイズ」、「マニュアル撮影」 が必須条件となるそうです。特に 「長時間露光」は、最重要項目となるからカメラを選びます。
ホタルの撮影では通常数分間(~5分)の露光時間が必要です。露光時間設定が数秒しかないコンデジ(コンパクト・デジタルカメラ)ではホタルの撮影は殆ど、不可能に近いそうです。これをクリアするコンデジは、ほんの僅かしか無いそうです。


日曜勤務途中で

日本海側最大級の斜張橋 「新湊大橋」 建設中 ですが、向こうの岸から観た立山連峰 の景観が変わるので、便利ですが賛否両論ですこの大橋は

日本海側最大級の斜張橋「新湊大橋」を建設中

乱舞するホタル撮影 は結局、車で1時間移動をして観に来た2人と色んな話しで盛り上がってしまって、シャッターチャンスの時間を失い、気付いたら私たちの周りには一人も居ず、3人だけで23時を回ってました

何百匹も光ってたホタルが、数匹しか光ってない時間帯に突入してる事すら気付かない話しの内容って・・・仕事の質問や、職場の悩みを聞いてた為。ホタル撮影が全く異なる時間に費やして、調整中のシャッターで4回しか切ってねぇ~よぉ~


お疲れ様でしたぁ~

とにかくフルタイムで喋り疲れで日曜日が終了・・・。

最近ちょっと私がお邪魔してる BLOG カリスマ販売員☆はっしーの売れる売れる相談室
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Add your comment