FC2ブログ

自分が感動せずして、人を感動させることは出来ない

■ BLOG CONTENT UP
  ~ 頂いたコメントにもありますが
    下記 BLOG ネタに取り上げた
    庄川峡に関連した新しい話題が
    2017年(平成29年)2月21日 火曜日の
    新聞記事に掲載されてましたので参考に
              (2/21 深夜 ) ~ ■


2017年(平成29年)2月21日 火曜日









まさに水墨画の様な景色で、凛とした静寂の世界で暫くの時間
心身共に、冬景色で自分を癒したいと思ってた先週平日の夜勤上がり!

太陽が顔出した帰宅路の午前中でしたので、ちょっと方向を変えて寄り道しました。

さて一面雪に覆われた庄川峡 ( 富山県砺波市 ⇔ 南砺市 ) で
水面 ( みなも ) に波紋を広げながら、庄川遊覧船がゆっくりと進む観光地。

サスペンス・ドラマのロケ地としても有名な場所ですが
平日に芸能人が訪れる場所としても有名である。

小牧ダム近くの船着き場から、上流の大牧温泉までの約 8kmを運航している庄川遊覧船。

そんな場所でのお話しブログ ・・・



ブログ タイトルとなる
自分が感動せずして、人を感動させることは出来ない
( You can’t inspire people if you are going to be uninspiring )



自分では十分に分かってる事ですが、そんな出来事を
冷たい空気を肌に感じる真冬の午前中の 2月上旬に
とても喜ぶ笑顔、声、行動を見てた、いや見せつけられた自分が感動させられた出来事。

日本の冬を、いや日本で生まれて初めて観た雪に感動してた、外国人との出会いのお話し ・・・。



観光客の 8割は外国人だったこの日。
もちろん日本製の一眼レフどころか、ミラーレスカメラを愛用してるのが目立ってた団体客。
やっぱり日本製ってイイって言うのが、こんな場面で伝わって来る。

しかもそのカメラで、日本の雪景色を感動しながら撮る姿を見てると嬉しいものだ。

今回は、水墨画の景色を自宅で休養する前に、僅かな時間でも観て帰ろうと思ってたのですが
日本の雪に感動してる姿が、これだけ多く感じられる空気を、自分も一緒に吸えてる場所に居ると
自分までが海外旅行してる団体の一人の気分を味わえてました。


下記の彼女、とにかく初めて観る雪に触れて楽しむタイプ☆
雪で何かを作るとなれば、すぐ雪だるま を連想しますが
彼女は自分が好きな動物を鼻歌歌って作ってました🎵
とにかく彼女は、自分が乗船する遊覧船が来るまでの時間を楽しむ姿が映画の 1シーンだった。

日本語は話せそうなので自分から

『雪楽しい!?』

って聞いたら

『とても楽しい♪ 日本に思い出残したいから作ってるけど、下手ね(笑)』

『雪きれいで嬉しいから、万歳してるの(笑)』

何か韓国ドラマっぽいシーンになってきたぞ(爆) ・・・ マジ!!そう思ってた自分。


庄川峡 (1)

さてそんな彼女が乗船する 2階立ての遊覧船が 大牧温泉からやって来た

庄川峡 (2)

時間があった自分も乗船して、冬景色を楽しむのも好かったと思うけど
ただふらりと来たのではなく、ちゃんとここに来る目的があったので乗船はまた次回にと。

この万歳してる雪像の動物が、作った彼女の乗船を見送ってる様でした

庄川峡 (3)

さて、世界遺産コースをクルマで先走りして、撮影の為に待機してた場所ですが
もうこの氷柱を見てるだけで、寒さの違いを感じさせられたものだ

庄川峡 (4)

今日この場所に来て良かったと思った景色が目に飛び込んで来た。
初めて自分が観る景色に変化してた事だった。
それは手前に見える長崎大橋の奥に建設中の赤い橋が
ちゃんとアーチ形となって繋がってた事だ!!!
赤い橋が二本になると、歴史が動いてるのをリアルに感じさせられる


庄川峡 (5)

しかもこの場所には何回か訪れていながら、遊覧船のこのシーンは初めて!!!
水面の波紋は、孔雀の羽の様に美しいと思え、今まで撮影もしてきましたが
2隻の波紋がぶつかり合うと形がどうなるか、すごく興味津々だったシーン


庄川峡 (6)

庄川峡 (7)

庄川峡 長崎温泉 北原荘 の女将の BLOG には、建設真っ最中のフォトが掲載されてました。
北原荘日記 【橋が出来てきました】

庄川峡 (8)

さて、手前に見える長崎大橋をくぐったところで
彼女の遊覧船がUターンするのが下記の案内の長崎橋周遊コースである

大牧温泉までの航路のほぼ中間となるこのコースは以前は、土・日・祝日のみの臨時運航だったが
北陸新幹線効果もあって、又、富山きときと空港の海外便の増加や安定も含め
平日でも運航されるコースとなり、乗船観光を含め、風景撮影にもチャンスが広がった。

水墨画に見える美しい冬景色の中に赤い橋って
目を引き付けられるアクセントになっています。

庄川遊覧船 運航時刻表

自分が走って来た国道156号からこの長崎大橋を渡ると
富山県南砺市利賀村の北原・長崎地区となり、民宿・旅館がある庄川峡長崎温泉となる。
自分の住む身近 ( 約20分圏内) には、沢山の 温泉がありますが
この長崎温泉にはまだ入った事がない。いつでも行けるであろうと思う心が邪魔してる感じ。

1971年 ( 昭和 46年) に完成した赤色のアーチ式の長崎橋。
長さ 191m、幅は対向車と擦れ違いは出来ない 4m幅の橋ですが
完成当時は林道内では、日本一の規模を誇っていたそうです。

またこちらの BLOG を見て興味出た方は、こちらの温泉も楽しまれたら如何でしょうか

庄川峡 (9)

下記の 2 枚のフォトは、別の日のやはり午前中に撮影した
長崎大橋から見下ろした撮影となります


長崎大橋からの景観 (1)

長崎大橋からの景観 (2)

新緑の春も人気ですが、やはり圧巻は 紅葉の秋の遊覧だが
水墨画の景色を味わえる今が旬の遊覧も、か・な・り、押したいスポットである。


庄川峡 (10)

沢山のカメラマンが訪れる有名なスポットには
足跡らしきカタチが新雪の中でも確認出来ましたが
今回は夜勤明けで、建設中の新しい橋が水墨画の様な景色の中でどう映るのか
それが一瞬晴れた時間帯の午前中に、確認してみようが目的でしたので
今回のレポはこんな感じです

しかし遠くに見える遊覧船から、乗船客の歓喜の声が静寂の山奥にはとても響いて、心地好かったです。

❝自分が感動せずして、人を感動させることは出来ない❞

まさにその場面がいくつも感じられた時間でした。

庄川峡 (11)

乗船された観光客が、そして雪像を作った彼女の遊覧が終わりましたが
雪像の動物の頭を撫でて別れるシーンもなかなかドラマチックでしたよ。
ちょっと出来過ぎ感があるシーンがいくつもあり、何処かで隠しカメラが回ってるかと思うくらいでした

一眼レフを持っていたら、もっと時間を使ってたと思う美しい雪景色の日でしたが
過密スケジュールの中でとても、リフレッシュ味わえる夜勤帰りでした。

庄川峡 (12)

MY BLOG で 「庄川峡」 を取り上げた記事はこちらから 【庄川峡関連の MY BLOG 記事】

Enjoy Winter Season ☆ こんなタイアップもあるんですねッ

おトクをGET!キャンペーン





カメラと ドライブ好きな自分愛読の BLOG であり
MY BLOG にも訪問して、コメントまで頂いてるブロガーの BLOG
まっさの日々ウェザーな暮らし
は、自分の休日時間の使い方に、とても参考になるスポットのレポです。

今回は 3,000m級の立山連峰のビューポイントで、新たな魅力を感じて感動しました。
自分がその場所に行った気持ちにもなれるレポは、流石です
石川県から観る立山連峰、とっても美しいですので、下記レポを紹介します。


【能登半島から冬の北アルプスを望む!/奥能登珠洲からも海越しに3000m級の山々が見えました! - 能登の風景】





今朝の地元・新聞でも、2面に渡り掲載発表ありましたが
 第7回 とやま森の四季彩フォト大賞

第7回 とやま森の四季彩フォト大賞

【評】 第7回 とやま森の四季彩フォト大賞

この大賞が話題を呼ぶだけ凄かったのがやはり!!!
  賞金200万円 と トロフィー


【とやま森の四季彩フォト大賞|第7回入賞作品一覧】







私のBLOGの登録サイトは、全部で下記となります。
どのサイトでもイイので、一箇所でもポチッと
押して頂けると
幸いです

ウッフン アッハン
写真日記 & 地域情報/北陸 人気ランキング

石川県情報に染まりつつの富山県情報 人気ランキング にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ

40代 総合 人気ランキング

日記・雑感 人気ランキング とれまが 人気ランキング

エンターテイメント 音楽 人気ランキング ブログ王 ランキング

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Name - ちなつ  

Title - 冬のリフレッシュ

色んな方法がありますが

パワフルHIROさんのお仕事には

私には経験のない夜勤があるんですね。

日勤より夜勤は疲労感が取れないと

経験してる方は教えてくれましたが

リフレッシュに努力してる感じも伺えますので

体を大切にして下さいね。

私はこうしてブログを拝見するだけで

リフレッシュになってますよ~

水墨画の景色、キレイですね。

2017.02.15 Wed 13:55
Edit | Reply |  

Name - TDマコト  

Title - 庄川峡知ってる

紅葉時期になると石川県のテレビニュースなどで、
紅葉スポットの状態など地図で表示されて放送されますので、
庄川峡の名前はよく知ってます。でもまだ行ったことのない観光地です。

冬を楽しんでるかと質問されたら、
楽しんでない自分だと気付かされますね、
こんな写真風景を見せて頂くとさらに!

2017.02.16 Thu 19:36
Edit | Reply |  

Name - 洋祐倶楽部  

Title - 風景撮影は奥深い

フォトコン入賞作品を色々見てますが、
一つは撮影場所を見つけておかないと絞り難いなと。

ヒロさんはフォトコンに余りどころか、殆ど応募しないですが、
場所見つけて、ヒロさんの感性で勝負してみたら!

必要なレンズ、所有物で貸すよ~

2017.02.17 Fri 00:50
Edit | Reply |  

Name - 麗カシワザキ  

Title - 魅力のブログが参考になる

人気ブロガーとあってやはり言葉一つ一つに惹き付けられます。
写真も豊富だし、アイディアも詰まってるし、感性豊かな人に感じます。

努力されてるというか、自分大好き人
間で、チャレンジャータイプにも感じますよ。

庄川峡に興味持ったので、カメラに夢中の彼女を連れて富山県へドライブ決めました。
自分は石川県野々市に住んでますが、この冬を野外で全く楽しんでないので、彼女にも申し訳なくて!

まっささんのブログもドライブに参考になります。

2017.02.17 Fri 21:35
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >ちなつさんへ

確かに人間は夜に寝る様に作られてると思うのが
同じ仕事内容で、同じ長さの時間を働いていても
日勤より夜勤の疲労感はやはりあります。

でもデメリットもあればメリットもあるのが夜勤。

デメリットだけしかなかったら
交替勤務はしないし、職種として選ばないと思います。

夜勤あるから、リフレッシュ♪が
最大に活かせる事を自分で知ると
意外と交替勤務は、1日のバリエーションが
広げられるメリットがあるし
フルに活かしたいと思う様になってます。

それと交替勤務してから、人間とふれ合う幅が広がり
かなり知り合いが急増したよ、2016年から!

コメントを通して体の事を気遣って下さり、ありがとう!

ちなつさんの心のリフレッシュ方法♪
いくつかあると思いますが
その中の一つに MY BLOG が貢献出来てると
ブロガーとしても幸いですね。

2017.02.18 Sat 17:11
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >TDマコトさんへ

2/17、昨年より3日遅く北陸地方に
「 春一番 」 が吹いて平野部の雪が消え
本当に春の陽気を味わえてたのも一瞬!!
2/18 夕方から雪が降り始め
また地元は白銀の世界ですよ。

でも雪が降る中で露天風呂に入ってると
贅沢な世界観で心身にもイイ感じでしたよ。

確かに石川県内のテレビニュースでは
紅葉時期になると、紅葉スポット情報として
「 庄川峡 」 が表示されてますよねぇ~。

全国の観光バスが平日にも大勢の観光客を乗せて
遊覧船乗船も楽しんでるので
完全にツアーの観光コースになってる様子です。

四季の変化を山奥の美しさで表現し、香るので
またこちらにも家族連れで、遊びに来て下さいねぇ♪

2017.02.19 Sun 01:20
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >洋祐倶楽部さんへ

色んなフォトコン入賞作品を自分も見て参考にしてますが
フォトコンには殆ど応募してないですねぇ自分。

過去2回応募してその一つが佳作で
新聞記事で掲載されてそれで満足(笑)

ドキドキワクワクを感じる為
今年から応募してみようかな。

2017.02.19 Sun 01:49
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >麗カシワザキさんへ

MY BLOG への照れくさくなる感想
ありがとうございます。
そして初コメ、ありがとう♪

自分大好き人間、当たってるし(笑)

カメラに夢中の彼女、風景撮影が好きでしたら是非
紅葉シーズンを含め、四季を全身で包まれる
庄川峡に連れてってあげて欲しいと思います。

北陸は、海から山まで自然を楽しめる観光スポットも多いので
四季の北陸を知ることで、行動力がアップすると思います。

冬終わっちゃう前に、冬満喫してみて下さいね。

2017.02.20 Mon 00:54
Edit | Reply |  

Name - 洋祐倶楽部  

Title - 今朝の北日本新聞に!!

庄川遊覧船初の1万人超えの記事が出てましたが、外国人の人気スポットになってるとは知らず。
この記事にすぐ注目したのも、ヒロさんのブログネタには旬な話題でしたので!

2017.02.21 Tue 12:40
Edit | Reply |  

Name - 隼斗  

Title - 「とやまの四季彩フォト大賞」

賞金額にびっくりした人多いんじゃない!!
毎年のフォトコンと思ってましたが、前回から3年に1回の開催となってることを初めて知りました。応募しとくべきだった。
県内外から1652点の応募あったと書いてありましたが、このフォトコンはやはり醍醐味ある賞金狙いの夢もあったでしょうね。

カメラの勉強のために、それとセンス磨きたいので、
入賞入選作品が展示される期間の3月3日から3月13日までに、富山市ガラス美術館へ見に行きますが、
HIROさんの感想も聞きたいし、お互いの勤務日や時間が合えば一緒に行きませんか?自分の車の助手席に乗って(笑)

2017.02.22 Wed 10:53
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >洋祐倶楽部さんへ

しっかり毎朝、新聞に目を通してらっしゃるのが分かるコメントでした。

庄川遊覧船初の1万人超え!!
確かに外国人観光客は多いのを
平日は特に実感するスポットになりました。

ブログネタにタイムリーに反応した
ナイスな新聞記事でありました。


2017.02.23 Thu 03:38
Edit | Reply |  

Name - ☆パワフルHIRO☆  

Title - >隼斗さんへ

「とやまの四季彩フォト大賞」
賞金額はサラリーマンの年収の半分ぐらいでやはり話題となりましたが
やはりフォトコンにはまた自分
応募しないですねぇ。

今年から何かのフォトコンに
挑戦してみようかな!って
気持ちになって来ましたが。

入賞・入選作品の展示会場が移動する様ですから
実際、日程を確認して、自分の感性を磨く為にもやはり!
自分の目でじっくりと楽しみたいですね。

2017.02.23 Thu 08:41
Edit | Reply |  

Add your comment